concept

折り紙は、平面から立体を作る作業です。それは、<今>から少し先の<未来>を想像する「行為のデザイン」ともいえます。

ひと手順進むごとに、何かが少しずつ重なり、折り込まれ、隠れていく部分。時間の経過とともに、見えなくなってしまったものは、あたかも存在していなかったかのよう。

この世の中に存在するものは、すべて、多面的に、複層的に、複雑に関係しあっている。いま私たちは、絶滅危惧種たちの<生存>もしくは<生存を脅かすものの>に、どのように関わっているのか。 

隠れていること、隠していること、気付いていない「何か」。それは、直接的に、間接的に、私たちの社会生活と繋がっている、ということ。そこに現れるのは、様々なモノ・コトを内包した<未来>。

あなたは、どんな未来を想像しますか?


ORIGAMI is a unique Japanese technique, which turns a two-dimensional piece of paper into a three-dimensional form. In a sense, it is a “design of action” to imagine the future a few steps away from now.

As you go through the procedure, some parts are laid on top of each other, some are folded, and some become hidden. Some parts turn invisible with time, as if they have never existed from the beginning.

Everything that exists in this world is related to each other at complex and multiple levels. How are we related to the “existence” or the “threatened existence” of certain species?

What are hidden? What are we hiding? And what are we not realizing? Directly or indirectly, everything is related to how we live in our society. What you see at the end of Origami is a future as a result of various actions.

What future do you envision for our planet?